HOME > 商品 > 泥土改質工法 > 袋詰脱水処理工法

袋詰脱水処理工法

透水性を持つジオテキスタイル製袋に高含水比の土壌や底質を充填し、土粒子の流れを防止しながら脱水(減容化)する工法です。

袋詰脱水処理工法の特長

  • 施工手順・仮設が省力化。
  • 袋体への植生が可能である。
  • 袋体形状は要求に合わせたサイズが可能。
  • ジオテキスタイル製袋の補強効果を利用して盛土体を構築可能。
  • ダイオキシン類等の汚染物質の封じ込めが可能。
  • きれいな排出水
ハイグレードソイル研究コンソーシアムのホームページはこちら

お問い合わせ

袋詰脱水処理工法に関するお問い合わせ

伊藤忠建機株式会社 環境土木部
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1丁目13番地7号(PMO日本橋室町ビル)
TEL:03-3242-5022 / FAX:03-3242-0370

メールでのお問い合わせ
TOP