HOME > 商品 > 注目商品 > 「居眠り・脇見運転車両」から現場を守る体感マット ピタリング

「居眠り・脇見運転車両」から現場を守る体感マット ピタリング


「居眠り・脇見運転車両」から現場を守る、体感マット

国土交通省NETIS登録番号:TH-040016-A
意匠登録・特許取得

  • 使用する道路の幅に合わせ、円形集合体を創作(標準形:9個連結)
  • 道路工事箇所など「交通規制位置」の手前に設置
  • 厚さ1cmの凹凸が通過車両へ「振動+音」を与え注意喚起を促す
  • 面倒な固定作業もなく「簡単設置」、「簡単撤去」
  • めくれ上がりにも強く、雨の日の道路面にも使用可能
  • 高耐熱性、高耐寒性を持つオレフィン系エラストマー(ダイオキシンの発生しない非塩ビ素材)を使用

仕様

本体/ジョイント

本体 直径 600mm×高さ 10mm (カラー:オレンジ or グリーン or レッド)
ジョイント L 130mm×W 17mm × t 2mm (カラー:ブラック)

使用方法

広いスペースで前もって組立を行います。
 
「ピタッ」と簡単設置!
面倒な固定を必要としません。
もちろん、撤去も簡単!!
 
雨などの「濡れ路面」であっても大丈夫。
ピタリングによる振動で「居眠り・脇見運転」から、あなたの現場を守ります

参考設置例

7個連結 幅:2.4m
ジョイント使用数:11
9個連結 幅:3m
ジョイント使用数:15
13個連結 幅:3m
ジョイント使用数:26

使用上のご注意

  • ピタリングは、定期的な巡回確認・設置位置の補正など「現場管理」を必要とする製品です。
  • 急ブレーキ、急制動の発生し易い場所付近(急カーブ、坂道、T字路、Y字路、十字路、停止位置など)では、「めくれ上がり」などを引き起こす場合がありますので、使用を避けて下さい。
  • 急発進の発生し易い場所付近(坂道、T字路、Y字路、停止位置、工事規制による停滞区間など)では、「タイヤへの巻き付き」などを引き起こす場合がありますので、使用を避けて下さい。
  • 極度の「わだち割れ・舗装クラック」や「舗装段差(施工段差・マンホール・道路鋲など)」付近での設置は、体感マットの「めくれ上がり」、「巻き付き」などの原因となる場合があるので、使用を避けて下さい。
  • 車両タイヤが片側しか乗らない状態で使用し続けるとマットが斜めに移動する傾向があり、「めくれ上がり」の要因となる場合もあるので、車線変更が頻繁に行われる場所付近での使用を避けて下さい。
  • 連結形状は、9個連結/箇所の「標準形」を推奨します。(交通量が多い場合には13個連結に増加する等の検討が必要です)
  • リング同士は「専用ジョイント」で連結して下さい。
  • 長期間使用したピタリングは、すり減り等によって重量が軽くなり、安定性に影響を及ぼす恐れがあります。
  • 定期的な点検と交換が必要となります。(目安として、厚さ9mmより薄い場合は交換をお薦めします)
  • その他、製品に関する詳細等につきましては、ピタリングホームページを参照下さい。

製造元

上北建設株式会社

青森県十和田市穂並町2-62

TEL:0176-23-3511 / FAX:0176-23-3512

お問い合わせ

「居眠り・脇見運転車両」から現場を守る体感マット ピタリングに関するお問い合わせ

伊藤忠建機株式会社 支店営業事業部 仙台支店
〒983-0852 宮城県仙台市宮城野区榴岡3-4-1(アゼリアヒルズ4階)
TEL:022-353-6511 / FAX:022-353-6516

メールでのお問い合わせ
TOP