HOME > 商品 > 仮設資機材・資材 > 吊り足場 SKパネル

吊り足場 SKパネル

道路関連

SKパネル

驚異の新工法!

セーフティSKパネルは、パネル型の作業床をチェーンで吊り、連結して行き吊り足場を完成させる極めてシンプルで且つ全く新しい工法です。
作業も、各パネルのチェーンがけ・パネルの連結のみのいたってシンプル。
このため、このセーフティSKパネルとチェーン、少量のクランプさえあれば吊り足場を組立てる事が可能です。
さらに、一連の作業を全てパネル上で行なえるので、どんな困難な状況でも安全且つ簡単に吊り足場が組めるのです。

セーフティSKパネルの構造

従来の吊り足場の構造は、

  • 吊りチェーン
  • 親パイプ
  • 親パイプ連結用自在クランプ
  • コロバシパイプ
  • コロバシ連結用直行クランプ
  • 足場板
  • 足場番線
  • 安全ネット
  • 安全ネット用 ロープ等

によって構成されていますが、セーフティSKパネルではこの(2)~(9)を一枚のパネルに収め一体化しています。

だから、セーフティSKパネル式吊り足場では(1)吊りチェーン(2)セーフティSKパネルの2点という
驚くべき少アイテムで作業空間を実現しています。
セーフティSKパネルは大人が手を伸ばして届く長さ、運搬コスト等を考慮し、
進行方向(親パイプ方向)のながさは66cmとなっています。
また,横断方向(コロバシ方向)の長さは、2m、3m、3.85mの3種類が有ります。

親パイプに相当する部分は、単管(Φ48.6mm)を使用しているので、市販のクランプの取付けが可能。
単管との併用による細工や、朝顔の取付け等が簡単に行なえます。
作業床は厚さ12mmの耐水型コンパネかアルミ縞板、あるいはエキスパンドメタルが全面に張付けられていますので、
落下防止ネットは不要です。
また、セーフティSKパネルの連結部は、オリジナル連結ジョイントを組込んでいる為、連結作業も簡単に行なえます。

新工法を可能にしたセーフティSKパネル

セーフティSKパネルは、これまでの足場のイメージを一新した非常に美観に優れた吊り足場です。
現場周辺の景観を害すことなく、美しい作業風景を現出致します。

セーフティSKパネル部材

長さ2000タイプ

アルミ板
耐水型コンパネ
SKプレート(オプション)

長さ3000タイプ

アルミ板
耐水型コンパネ
側面使用例

セーフティSKパネル工法の6大特徴

安全性

セーフティSKパネルは、それ自体が完成された足場の為、全ての作業を足場の上で行なえ
常に安全の確保された作業環境を実現します。
この工法により、吊り足場を架ける際も危険な作業行程を必要としません。

工期短縮

(1) 作業能率の向上
セーフティSKパネルは、その構造から架設作業員が常に完成された足場の上で作業 出来るため これまでの様な「恐怖感」を感じさせません。
このため、ベテラン作業員以外の方ものびのびと仕事が出来る為、能率もグンと高まります。
(2) 段取り,片付け時の煩雑さを解消
セーフティーSKパネル工法では、スタートパネル専用ブラケット・チェーン・SKパネル・連結用クランプと
非常に使用する資材の種類が少なくてすむため、解体後の片付けが簡単です。
さらに、SKパネルの形状が均一の為、片付け・トラックへの積み下ろしも非常に簡単・スピーディー。

高所作業車の節約

SKパネル工法は、親パイプやコロバシパイプが不要の為、高所作業車の使用頻度を大幅に節約出来ます。
さらに、高所作業車に頼っていた作業も足場の上から楽々作業出来ます。
下にスペースのない現場もウィンチ等で簡単作業。

交通規制の短縮と簡素化

安全設計だからパネルの取付を完了した部分から随時、交通規制が解除出来る。
さらに、架設はスピーディー。
交通規制も架設中(解体中)の部分だけですむ為、規制も大幅に簡素化出来ます。

作業騒音の解消

セーフティSKパネルは、構造上単管の様な金属音が発生しません。
さらに、床面一体構造のため足場板を敷く際に発生した大きな騒音が出ません。
高所作業車の使用頻度も少ないので作業車の騒音も大幅カット。
都市部で問題の夜間作業の騒音問題も大幅解消。 近隣の音対策の強い味方です。

優れた美観

セーフティSKパネルは、これまでの足場のイメージを一新した非常に美観に優れた吊り足場です。
現場周辺の景観を害すことなく、美しい作業風景を現出致します。

お問い合わせ

SKパネルに関するお問い合わせ

伊藤忠建機株式会社 本社営業事業部 仮設営業部
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1丁目13番地7号(PMO日本橋室町ビル)
TEL:03-3242-5023 / FAX:03-3242-4039

メールでのお問い合わせ
TOP