HOME > 採用情報 > 研修制度

研修制度

自立と継承 ――― 個と組織を育てる人材育成。 新入社員に対して、スキル・メンタルの両面で社会人としての自立を促していくことを目的とした教育を通し、社員一人ひとりが成長し、個も組織も「共に育つ」が、伊藤忠建機の人材教育に対する考え方です。

ベーシックプログラム

内定から入社、そしてキャリアアップと、社会人としてのスムーズなスタートを支援するプログラムです。

ベーシックプログラム

入社前通信教育講座

社会人として必要な一般教養やマナーに関する教材を毎月送付。内定者の不安を解消しながら、社会人としての意識転換を促します。

新入社員研修

当社および業界に関する基礎知識や、ビジネスマナー、コンプライアンスの基本を習得。
OAスキル研修や、先輩社員からのアドバイスを受ける機会も設け、配属先でのOJTへの円滑な橋渡し期間として位置づけられている研修です。

伊藤忠グループ新入社員研修

伊藤忠グループ各社の新入社員が共通して習得すべきビジネス・コミュニケーションスキル、伊藤忠の歴史及びコンプライアンスについての合同研修を受講します。伊藤忠グループの一員として自覚を促す場であり、また、将来切磋琢磨しあう良きライバルたちとの出会いの場でもあります。

新入社員実務研修

入社後6か月目に実施。社内講師による、業務知識・スキルを深めるための研修です。
日常業務に役立つ、より実践的な知識を習得することによって日頃の疑問を解決し、自信と実力をつけ、更なるグレードアップを図ります。

以降の研修

自己啓発制度、自己研鑚制度の利用、e-ラーニング、社内集合研修、社外派遣研修への参加、安全運転講習など、多彩な教育・研修制度でキャリアアップを図ります。

先輩社員の感想

知識やマナー、コンプライアンス意識など、基本をしっかり学ぶこと、また繰り返し学ぶことの大切さを実感しました。

人事担当者より

「新入社員マンツーマン教育プログラム」を導入

新入社員一人ひとりに対し、「後輩指導」のスキルを持った先輩社員が「教育担当者」として1年間のマンツーマン教育指導を行います。この制度は、いわば「種」ともいえる新入社員の皆さんに「きちんと水を与えていく」ものです。
初めはマナーや常識などの基本的なことから始めてもらいます。学生時代とは全く違う新しい環境での不安感を徐々に解消し、そして仕事の現場や先輩社員の姿を通してプロとしての自覚、立ち振る舞い、知識をしっかり身につけてください。
皆さん自らが芽を出し、根を張ってくれることを期待します。吸収できる栄養分はたくさんあるはずです。

TOP